BLOG

毎月1日に行う安全祈願の様子。

昨日から7月が始まりました。
という事は、匠創建の2024年度も半期が終わったということです。
そして、1日は明神大社での安全祈願と駐車場での朝礼になります。

朝礼は、職長が持ち回りで朝礼リーダーをし、
社長挨拶、ホーム創建の社長の挨拶、
各現場責任者の今月の予定と次月の予定を発表し、
それぞれの工期と人員を発表します。

その後、職場の教養と言う冊子を輪読し、
感想発表をして皆さんで拍手をして承認します。

最後に朝礼リーダーが、締めてそれぞれの現場に向かっていきます。
不思議なことに、全員参加した安全祈願は、
その月の事故を0にしてくれています。
しかし、やむを得ず全員が参加できなかったときに限り、
小さな事故が発生したりすることがあります。

そういうこともあり、匠創建の安全祈願と神社朝礼は伝統になりました。
匠創建のビジョンは一流の職人集団になると言うことです。
私個人のビジョンは、建築職人を憧れの職業にするということです。
そのためにも、安全祈願や朝礼は大切なことだと思っています。
今月も、安全と品質を第一に一流の現場作りに邁進して参ります。





施工業者をお探しの方へ
匠創建は「施工」を担う
大工や技能者を擁する職人集団です。
お気軽にご相談下さい。